まわれカロン

ぽにとも!

黒崎くんの言いなり


にはならなかったんだけど、梶くんを養いたくはなった。

そんなこんなで映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」を観てきた。
ドラマ版は鑑賞前に視聴済、原作は未読です。

(以下多少のネタバレを含みます)




前の記事でも言ったけど少女漫画をあまり読まずに育ってきたので、ストーリーにキュンキュンしたかと聞かれるとやっぱりまったくキュンキュンしなかった。(笑)
ストーリー以外では中島健人の造形が素晴らしくてそこにキュンキュンした!!!!!顔はもちろんだけど腕の具合とか、腰とか、とか…彼は本当に人の子なんだろうか…まああんな素敵なご両親がいるから人の子なんだろうけど、神様がつくったって言われてもあ、そっかそうだよねって納得してしまう。もしかするとご両親が神様なのかもしれない。


話を映画に戻すとキュンキュンはしなかったけど普通に面白かったです。
もうね、とにかく梶くんがかわいい。
(梶くんってのは岸優太くんが演じている役で、とあることがきっかけでそれから黒崎くんを盲信し続けている。とてもポジティブなキャラ。)

黒崎くんも不器用でかわいかったんだけど、それを遥かに凌駕する梶くんのかわいさ。黒崎くんが挨拶を返してくれただけでテンションうなぎのぼりな梶くん最高。
停電のシーンでは机の上に登るなよ行儀悪い…って思ったけど、いつの間にかだって怖いもんね…雷怖いね…にすり替わってて雷より梶くんの方がよっぽど怖い。あとエロキュンとか銘打ってる映画観に来てるのに完全に親目線で観てて自分のババアっぷりに落ち込む。


主人公の由宇ちゃんが友達の芽衣子ちゃん(この子も黒崎くんのことが好き)や梶くんから黒崎くんのことを好きになったきっかけを聞く場面があるんだけど、芽衣子ちゃんのエピソードより梶くんのエピソードの方が普通に強い。
いやそこは恋のライバルになる芽衣子ちゃんのエピソードの方が強くあるべきなのでは…とか思ったけど、溺れてるとこ助けてもらったのといじめられてるとこ助けてもらったのだったら絶対後者の方が強いじゃん…なんなんだ梶くん…養わせて…


梶くんがかわいいシーンが他にもいっぱいあるんだけど、全部書いてたらキリがないのでここらへんで…(笑)
気になってる方はぜひ一度観に行ってほしいと思います。黒崎くんはいいぞ。



ところで一緒に観に行った友人(非ジャニオタ)からサマパラを買ったとの連絡があり、中島健人というアイドルの引力の凄まじさを感じた。今度見せてもらうことになったので楽しみです。