まわれカロン

ぽにとも!

わたしが見たかったものはここにあった ー「Gravity」MV


行動が遅すぎて初週に間に合わず申し訳ないの極みなんですが、「Gravity」初回A盤を購入しました。



最初に聴いたのはMARSでだったかな?正直ドラマにも合ってないし微妙な曲だなって思ってたんだけど前言撤回させていただきます…所謂スルメ曲ってやつ。
メンバー主演のドラマのタイアップでグループとしては関係ないのに歌詞にグループ名とか7って数字とかがガンガン入っててすごく燃える。自己主張の激しい曲が好きな人間にとってはこういうのたまらない。



で、肝心のMVなんだけど、こういうのが見たかったんだよわたしは…!

1ヶ月ほど前にこんな記事を書いた。

GravityのMVはここで言ったジャニーズの映像に抱いていた不満を全部とは言わないけど7割8割ぐらいは解消してくれる内容となっていた。
オシャレとかサブカルといった要素とは対極にあると思うし、センスが溢れてる!って感じではない(かと言ってダサいというわけでもない)。ジャニーズではあまり使ってこなかったような特殊な撮影方法を使っているとか冒頭や合間に何か小芝居とかが入るとかでもなく、全員のダンスシーンがあって、ソロカットがあって…というごくごく普通の構成のMVだ。でもどこか違うのだ。なんというか、与えられたお金を最大限有効的に使っている印象を受けた。

キスマイのCDを買うのはキスワぶり。
Brand New WorldのMVはもうめちゃくちゃダサかった。(笑)お金かかってます!ってのはひしひしと感じたんだけど、そのお金かけまくってるであろうCGパートが大体それいる?みたいな感じで思わず散々オタクから搾り取っといてそれか〜い!って言いたくなった。


GravityのMVは前回見たキスマイのMVがそのBrand New Worldだったことを差し引いても文句なしの素晴らしいクオリティだった。
玉森くんとかダンスがすごく上手くなってたと思うんだけど気のせいかな…!個人的に玉森くんのどんな衣装や演出も様になるところはかなりの強みだと思っていて。そこに実力がついてきたらまさに鬼に金棒。
横尾くんも今回さらに頑張っていて良かった。キャップはどうなの?と思ってたけど、被り直すところがかっこよくて全てを許した。今年は去年よりもっともっとアイドルになってね…!
あとやっぱり藤ヶ谷くんは自分の魅せ方をとことんわかっていてずるい。個人的には2番頭のソロカットが好き。


今回はGravity=重力っていう映像で表現しやすい明確な題材があったからこそここまでの作品になったのかなとは思うけど、こんなの見せられたら今後への期待を膨らまさぜるを得ないというか…とにかく今年のキスマイはどんな世界を見せてくれるんだろうと思えるようなMVだった。



文句なしって言ったけど、一つだけ不満点を挙げるとしたら2:5が顕著すぎてげんなりしたかな。横一列でみんなに平等に役割が振られるよりもセンターとかわかりやすい支柱になる存在がいる方が好きなんだけど、いわゆる藤北がセットで持ち上げられるのはいつまで経ってもあまり好きになれない。
この2人のビジュアルが強いのは十分わかる。華がある、とかではなく本当に読んで字の如く「強い」。問答無用で客を沸かせる戦闘力がある。今回2人がメインのカットがあるのだけど、それも本当にかっこよかった。好きになれないとは言ったものの正直沸いた。
でも、どこか「楽しそうじゃない」のだ。本人たちが今までずっとこうやって推されてきたことに対してどう思ってるかなんてこれっぽっちもわからないけど、わたしの目にはいつもそう映る。
仮に本人たちがこの2人で推されることが嫌だったとしたら、楽しそうにすることは自分の気持ちに嘘をつくことになる。でも、仕事ってそういうものだ。「アイドル」であることは仕事だ。
もしわたしの仮定が合っているのなら、嘘をつけるようになってほしいと思う。それが嘘でも楽しそうにさえしてくれれば好きになれる、と、思う。


最終的にめちゃくちゃ話逸れたし嫌なことも言ったけど、一見の価値はあると思います。というかあります。断言出来る。普段あまりキスマイを見ない人にこそ見ていただきたい。




あとすこしでデビュー5周年。彼らのゆく道が明るく照らされていますように。