まわれカロン

ぽにとも!

あなたのアイドル、わたしのアイドル


健人くんのソロコン『Love Ken TV』ダイジェストを見せてもらった。なんというか完全に異文化だった。というわけでたのしい異文化交流の感想と思ったことをすこし。



まずお客さんは今日から健人くんの彼女で、この公演はデートらしい。マジかよ…!
自分の中にリア恋という概念は存在しているし、リア恋と呼んでいるアイドルもいる*1けど、いざそう言われるとなんか痒い…!でも楽しい。ていうか公演とか言うの無粋だよね。デートです。自分で言うのもあれだけど順応性は高い方だと思っている。

ダイジェストだったけど、とにかく振り幅がすごいなと感じた。あんな健人くんもこんな健人くんも見られて、その上勝利くん風磨くんのソロコンもついてこのお値段。コスパ良すぎない?


本編の話をしたかったのにBlack CinderellaからのCANDYで語彙力失っちゃったからあんまり書けない(笑)。映像なのに時間的に1回しか見られなかったのが悔やまれる。ちなみにovertureを除くと1曲目と2曲目だ。
我ながら早すぎるわ…と思ったけどよく考えてほしい。デート始まって数分でめちゃくちゃかっこいい彼氏とめちゃくちゃかわいい彼氏が立て続けに見られたら語彙力がなくなるのも無理はないのではないか。完全に開き直り。

ERO〜抱いセニョ〜チラリズムの流れも良かった!チラリズム中に生着替えがあって残りはLove風衣装で踊るんだけど、それがかわいいのなんの…かっこよくてかわいいなんて本当にずるいね…

割と話飛ぶんだけど、わたしTeleportationがすごくすごく好きで。自担目当てで買った(すみません)セクゾのコンサートDVDに入ってるTeleportation*2を未だにかなりの頻度で見ているぐらい。
映像なのにちょっと叫んじゃったよね…やっぱりこの曲を歌って踊っている健人くんはいつにも増して素敵だ…(好きな曲補正)
ソロ曲ってツアーで1回歌うともう歌わないことが多いけど、こうやって同じ曲を何回もやってくれると成長が伺えていいなと思った。




「デート」と銘打っているだけあって、ファンに寄り添ったコンサートだと感じた。
いつもファンに寄り添って、夢を見せてくれて、その上歌やダンスや演技もきちんと出来る健人くんはアイドルとして大正解だと思う。最高のアイドルたりえる人だろう。

では、アイドル好きのわたしはなぜアイドルとして大正解であろう健人くんを自担に据えないのだろう。


理由は結構単純で、アイドルに求めていることが違うからだ。
さっきから「〜だと思う」とか「だろう」とか言っているのはそのせいだ。アイドルを彼氏だとか、そういう「偶像」として見たい人たちにとっては健人くんは最高のアイドルなのだと思う。


わたしがアイドルに求めることはにこにこ、キラキラしていること、ただそれだけだ。出来ればダンスが上手くあってほしいけど。歌唱力は気にしていない。
わたしの目には塚田くんがジャニーズで一番にこにこキラキラしているように映ったので、塚田くんを「いちばん」にしている。
ずっとキラキラしてくれているなら、それ以上の見返りは求めていない。塚田くんが全然ファンサとかしないってわけじゃなくてね。彼がファンのことを大事にしてくれているというのはひしひしと伝わってくる。



オタクという生き物は面白い。
わたしみたいにキラキラした人が好きと言う人もいれば、クールな人が好きと言う人もいる。ダンスが上手い人が好きと言う人もいれば、歌が上手い人が好きと言う人もいる。恋愛なんてもってのほか!と言う人もいれば、まあ人間だからしょうがないよねと流せる人だっている。

さっき健人くんに対して「正解」という言葉を使ったけど、それはわたしが考える「誰かの正解」*3にしか過ぎなくて、もちろん性に合わない人だっているだろう。

好きな人が「みんなの正解」でないのは、辛いか辛くないかで言えば辛い。欲を言えば「みんなの正解」であってほしい。
でも、これに「もう同担は増えてほしくない、わたしだけのアイドルであってほしい」と思う人がいるかもしれないのがまたオタクの面白いところなのだと思う。


どれだけ突き詰めていっても、100人中100人が「この人は一番だ」と思うアイドルなんていない。
だからこそ、こうやって別のアイドルを見たとき、余計に面白く感じるのだ。
アイドル自体だけでなく、それぞれのアイドルに対する数え切れないぐらいのオタクの想いもまた面白い。

だからオタクはやめられない。




セクゾはA.B.C-Zと一緒に仕事する機会が多い*4ので他のグループに比べて見ることが多く、中島健人というアイドルの素晴らしさを勝手に理解していたつもりだったけど、こうやって改めて1時間みっちり健人くんだけを見ていると今まで気付かなかった良さにたくさん気付けたので、良い物を見せてもらったなあと思う。


見せてくれた友人*5がまた鑑賞会に誘ってくれたので楽しみだ。
このままだとわたしもウェルカムされてしまうのも時間の問題かもしれない。

*1:橋本くんのことである

*2:Sexy Zone Japan Tour 2013』初回盤特典映像「Sexy Zone 新春アリーナコンサート 2013」内

*3:一番の正解ではなかっただけでわたしにとっての正解でもある

*4:レーベルも同じだし

*5:黒崎くんについての記事の最後に出てきた黒崎くん出の健人担