まわれカロン

ぽにとも!

生涯A.B.C-Z宣言!


Take a “5” Train、発売おめでとうございま〜〜〜す!!!!!

遅くなった!(笑)感想とかは後々書くとして、『ザテレビジョンCOLORS vol.23』の話をしたいと思う。塚田くんの「安らかにお墓に入れてあげたい」発言のやつ。



あれ見た他G担の友人知人が塚ちゃんほんといいこと言う!って言ってくれててオタクとしては鼻高々だった(オタ馬鹿)んだけど、全文読んだら鼻もっと高くなった。多分今つけ鼻?ってぐらい高い。

(塚田くんの「安らかにお墓に入れてあげたい」発言を受けて)
戸塚「ま、気持ちは分かるよ。A.B.C-Zは何があろうとも5人で一生やっていくわけだから。グループは永遠に続くから。そういうことを、簡単に言っちゃったな(笑)」
塚田「そうそう!それだよ」

ザテレビジョンCOLORS vol.23)

永遠なんてないっていうのはわかりきってるけど、だからこそこういうことをさらっと言ってくれるのは本当に嬉しい。
それが現実的かは置いといて、わたしは自分の好きなものが永遠になることを夢見ている。夢見るだけなら自由だから。そんなわたしにとって、こう言ってのけられるメンバーがいて、他のメンバーもそれに賛同するA.B.C-Zは最高のアイドルだ。



売上が結構アレだったせいで色々言われてるけど、わたしは別に今の売り方が間違ってるとは思っていない。むしろ最近オタクやるのがめちゃくちゃ楽しい。

今の考え方になったのは本当につい最近のことだ。
前は何かと運営のせいにしがちで、何か動きがある度にとりあえずひととこ喜んだ後グチグチ言うことが多かった。

根底に「売れなきゃ消えるだけ」という気持ちがあるのは今も変わってないし、「売れたい」っていうのは向上心の一番わかりやすい表れ方だと思っているので、そういう気持ちは持ち続けてほしいなとは思っている。
でも最近、売れてるとは言えないけど別に危機感感じるほどでもないなと思えるようになった。

そう思えるようになったのって、今彼らから提供されてるものが最高だからなのかなあと。
今回のシングルは本当に良いし、ちょくちょくテレビにも出るようになったし、寝盗られやコイベビも本当に素敵だった。


誰が何と言おうとわたしはA.B.C-Zが世界一、いや宇宙一のアイドルだと思っている。
今の状況でこんなこと言うなんて脳みそお花畑だって思われたっていい。宇宙一だって思ってなきゃこんなに追いかけていない。



大分話逸れたけど、そんなA.B.C-Zを限界まで見続けていたいなあと思った、そんな話でした。



あと塚田くんのソロの話。
正直タイトル見て「えっ…?」て思ってしまった(笑)。
その時点では月刊テレガイをまだ読んでなかったんだけど、ネタバレ見て『おえかき』とか『わんダフォー』みたいなやつを想像してしまったんだけど一体どうなるんだろう…
塚田くんは斜め上から突っ込んでくるというか、びっくり箱みたいな存在なので塚田担やるのが本当に楽しい。多分想像してるのと全然違う感じで来るんだろうなあ(笑)。あ〜〜〜〜〜〜発売日が待ち遠しい!