まわれカロン

ぽにとも!

「おめでとう」と もうひとつ


塚田くん、30歳のお誕生日&主演舞台決定おめでとうございます!!!!!
いつの話だよというツッコミはなしでお願いします。

本当はもっと違ったテイストの誕生日お祝いブログをちまちま書いてたけど、「サクラパパオー」の一報を受けてから、今塚田くんについて言いたいことはこれじゃないなと思って全部消して書き直してたらこんなに経っていた。反省。



塚田くんの、仕事が次の仕事にきちんと繋がって、その仕事がまた次に繋がって、と良い方向に連鎖していくところが好きだ。
日々、「好き」を更新させてくれるところが好きだ。
人と人とのつながりをすごく大切にしているところが好きだ。
そんなだから、自然と周りに人が集まるところが好きだ。


サクラパパオーの話を知ったとき、改めてそんなことを思った。
塚田くんにとって3回目のパルコプロデュースの舞台。
1回目からすごくいい位置で出させてもらって、2回目は2人芝居、3回目の今回は単独主演。確実にステップアップしている。自担が全力でぶつかって結果を残して、それがもっと大きな仕事に繋がる。オタクとしてこんな幸せがあるだろうか。


サクラパパオーを演出する中屋敷さんは以前「イットランズ・イン・ザ・ファミリー」を観てくださっていた。なんで塚田くんを選んでくださったのかはまだわからないけれど、もしかしたらイットランズはサクラパパオーに繋がっているのかもしれないって、すこし期待してしまう。

その中屋敷さんがジャニーズが出演する舞台を手掛けるのは今回がはじめて。そこで塚田くんを選んでくださったということも、それに対する驚きや期待の声も、わたしにとってはもう全部、全部、嬉しいのだ。



勿論わたしも楽しみにしている。
塚田くんを応援しているとき、こんな大きな仕事をちゃんと出来るのだろうかとか、ここら辺スケジュールが詰まっているけど健康面は大丈夫だろうかとか、「これから起こるかもしれないことを考えて心配する」ということはほぼ皆無だ。

塚田くんを追った先で見える景色はいつだってきらきら眩しくて、うつくしくて。それがわかりきっているから、そんなことを思う必要がないのだ。
塚田くんなら出来る。ずっとそう思っている。



塚田くんは不思議な人だ。
応援していたはずなのに、逆にこっちが元気や幸せをもらっている。わたしの言葉なんてなんの足しにもならないけど、それでも言わせてほしい。
おめでとう、そしてありがとう。


塚田くんみたいな素敵な人を応援してるって言えるのがすごく楽しい。
来年も身体には気をつけて頑張ってほしいなと思います。