まわれカロン

ぽにとも!

推し不在のa-nationを見たら超特急に片足突っ込んでる話


(書くことめっちゃあるはずなのにここにきてジャニーズ関係ない話する)



軽い自己紹介をすると昔EXOのオタクをやっていた。今はもはやファンとも言えないゆるい感じ。
最近推しが普段の活動はおろか新曲からもハブられてたんだけど、EXO本人たちは悪くないしたとえ推しがいなくてもパフォーマンスは素敵だし、いりちる*1もレドベル*2も出るし、特に用事もないし見るか~って本当に軽い気持ちで今年のa-nationの1日目の中継を見ていた。



レドベルの出番が終わって、次誰だろ~と思ってたら超特急が出てきた。

最初に披露したのは「My Buddy」。環奈ちゃんが出てた動物のドラマ(説明が雑)のやつ。自分の中で「音源買うほどじゃないけどラジオとかで流れてるのが聞こえると嬉しい曲」ってのがあるんだけど、これはそのポジションにある曲だったからテンション上がった~!ちょろいからエーネ終わった後すぐ音源買った。

見ながらダンスめちゃくちゃ上手くなってる!と思った。
というのも前(たしかikkiが出た辺りだった気がする)に知人に勧められてMVを一通り見たことがあったんだけど、あまりピンと来なかった、というか当時素人のくせに目だけははちゃめちゃに肥えていたので、ダンス微妙じゃない…?と思って結局ハマらなかった、ということがあった。当時の自分ぶん殴りて~~~~~~~~!!!!!!!!


なんであの時あんなこと思ったんだろう…と妙な罪悪感と後悔に苛まれつつも見続けていたら次の曲に。2曲目は「Love again」。なんでglobe?エーネだからこの日のために?って思ったけど、後で調べたら元々カバーしてたやつだった。

My Buddyが終わり、この曲の出だしの縦一列のフォーメーションに移行する際、1人のメンバーの目の色が変わったことに気付いてしまい、以降はその子から目が離せなくなってしまった。


そのメンバーこそが6号車、元気担当のユースケくんだった。

ご覧の通りユースケくんは顔がめちゃくちゃ良いんだけど、My buddyの時はなんか様子がおかしかった。体調が悪そうとかそういうのじゃなく、本当になんか様子がおかしかった。デフォはにこにこ楽しそうにしてるんだけど、ちょいちょい変顔混ぜてきてた。この顔で。

ちょっと愉快な感じの子なのかな?と思いつつ見てたら先述のフォーメーション移行で、さっきまでとは打って変わって真剣な顔をして前を見るユースケくんを見た瞬間にビビビ!ときた。のと同時に、塚田担のわたしがカンカンと警鐘を鳴らし始めた。直感的にあ、これは落ちるな、と思ったからだ。
いやまあ欲望に忠実になって飛び込めばいい話なんだけど、塚田担のわたしはこんな感じの子を推すと「ぼくの考えた最強の推し」と「推しが目指す推し」と「みんなが見ている推し」の間で挟まれて、擦り切れてなくなってしまいそうになることがあるっていうのをわかっていた。


でもそんな気持ちとは裏腹に本能っていうのは正直なもので、見てたら落ちる…どうしよう…と思いながらもユースケくんを目で追い続けていた。ユースケくん映ってない時は大体カイくんとかユーキちゃんに目が行ってた。ダンス上手くてかっこよかった。(小学生並の感想)

そんなこんなでLove againも終わり、MCへ。とりあえずリョウガくんの声が半端なく良かったのと、カイくんがエクセルジャパンのみなさんも~とか言ってて…!?なんなんやこの子は…ってなったのは覚えてた元エクセルジャパン。


MCが終わってからは「Burn!」からの「バッタマン」と怒濤のユースケくんセンター*3曲2連発。

いやもうなんかすごい(圧倒)

「絶対爪痕残す」って顔に書いてある気すらした。すごい気概を感じた。
ネットでは「超特急の黄色ヤバイ」とか言われてたみたいだけど、わたしはほとんどアウェーみたいな状況でめちゃくちゃ整った顔で変顔をしたり、顔を映させる気がないレベルで頭を振って踊り狂っている*4ユースケくんにただただ圧倒されていて、何がこの子たちをここまで突き動かすのか、ユースケくんのことを、超特急のことをもっと知りたいと思っていた。



超特急のステージが終わり、いりちるの出番も終わったところ(お目当てだったのでそれはちゃんと見た)で、まずはユースケくんのことを調べ始めた。

ユースケくん、3人弟妹の長子だった…………………
(調べ始めてからここまで数分)

え?そこ?と思われるかもしれないけど、わたしの3人きょうだいの長子好きは割と根深く、友人に「お兄ちゃんに飢えてる」と言われる通り持っているファミクラの名義(A.B.C-ZSexy ZoneジャニーズWEST)の好きなタレントは全部3人きょうだいの長子だ。ちなみにこの3グループにおいて3人きょうだいの長子はそれぞれその人だけなので、我ながらすごい確率だと思う。当たり前だけど意図したわけじゃないから本当に根深い。


己の性癖を自覚していないほどバカではないので、え~~~~~~~こわいこわいこんなん絶対ハマる無理……………と思いつつも調べる手が止められなかった。
調べていくと、最初はダンスが苦手で嫌々やっていたけど、自分を超特急に選んでくれた人とかに失礼だと思って河川敷で猛練習して克服したとか、実はナイーブでライブの本番前に泣いてメンバーに慰められてたとか、家族に家を建ててあげたくて大工を目指してたとか、ちょっと(どころではない)おばかなところ*5とか…とか…とか………。あと親が仕事で行けないからって妹の授業参観行ってるの何?Sランクお兄ちゃんかよ。



そして事務所の壁をも超えるパワー。強い。
(ZIPにVTR出演した際に山口くんにラブコール送ったら今年のツアー中にお花が贈られてきたらしい)(やっぱり山口くん優しい)



また、同時にMVを摂取したことでグループそのものにもずぶずぶハマっていった。中でも特にツボだったのがこの2つ。



とにもかくにもかっこいい。ユーキちゃんが最&強すぎる。



リリースされた頃に砂丘のパートだけテレビで見たことがあって、その時もすごい衣装着てすごいとこで踊ってんな…と思ってたんだけど、ちゃんと見てみたらもっとすごいことになってた。突然の転調、雰囲気や衣装の変化、一瞬えらいちぐはぐだな…?と思ってしまうけど見終わる頃には全く違和感を感じなくなってるのがすごい。zoppさんが作詞作曲に参加してる、って言われると揺らぐジャニオタがいると信じてるよ!


これはどの曲にも言えることだけど、表現力が半端じゃない。
トンチキな曲からかっこいいしかない曲、ポップでアイドル一直線(超特急はアイドルじゃないと思ってるのでこの言い方もどうかとは思うけど)な曲などなど、何をやらせてもバチン!とハマるのが超特急の強みなのかな、とMVなんかを一通り見てみて思った。
これを中途半端な状態でやっちゃうと無個性のぐだぐだグループになっちゃうと思うんだけど、超特急はそこがちゃんとしてるからきちんと個性・強みになってるのがすごい。


あとバラエティが予算そこまでかかってないのに面白い。あの感じがポニ友担の性に合ってる気がする。楽しい。ただふじびじは数ヶ月前に公開終了していたらしく、もっと早くにハマっていなかった自分を引っ叩きたい気持ちでいっぱい。頼むから再放送とかしてくれ~…



K-POPアイドルのオタクをやってたおかげ(?)か本人たちがSNSをやってるとか、MVだったりバラエティ映像だったりが無料で配信されてるのとか、そういう部分でカルチャーショックを受けることは少なかったんだけど、やっぱり使用言語が同じっていうのはデカイなあと思った。訳を待ったり探したりしなくていい。ストレスフリー。

あ、でもスタダコードは噂には聞いてたけど結構徹底して守られててびっくりした。自担が筋肉と脇と乳首のバーゲンセール(言い方)って感じなので…肌色成分が…少ない…(当社比)
あとシモい話にも厳しいらしい。自担が2人とも、その、相対的に(相対的に)(本人の名誉とか諸々のためにここ強調しておきます)見たときに、多分グループの中で一番そういう類の話をするひとなので逆に落ち着かないというかなんというか…(笑)


ユースケくんのことをきちんと認識してから早3週間強、NYLONやアルバムを買ったり、色々動画を見てみたりと順調に転げ落ちていっている…こわい…。

Dramatic Seven

Dramatic Seven

  • 超特急
  • J-Pop
  • ¥2100
これ去年出たアルバムなんだけど、捨て曲なさすぎてこんな名盤約1年もほっといた自分のポンコツっぷりに泣いた。


サムネ対策として冒頭に上げた超特急仕様のNYLON、定価880円なんだけど表紙裏表紙超特急で手書きメッセ入りポストカードもついてて、かつ松村北斗さんが4ページも載ってるとかもはやプラス収支。北斗くんめっっっ(中略)っっっちゃよかった(ここで言う)

今週出た代々木Blu-ray、今月STAGE(2種)にドリボDVDに現場もあったって事実が購入を踏み止まらせてるけど、来月入ったら普通に買ってそう。いやだってこんなレポ(超特急、初の試み&涙で愛を語ったクリスマスライブ<セットリスト> - モデルプレス)見たら欲しくなるし、しかもこの日ユースケくんの誕生日って…ねえ?(?)



そんなこんなで最近超特急にハマっているよ~というお話でした。長い!最後まで読んでくれた方、いらっしゃいましたらありがとうございます。

ジャニーズ以外のものにハマるのは結構久々だったので、「知る」って行為がまず楽しかった~。まだまだ知らないことの方がはるかに多いけれども。
ジャニーズの現場に慣れすぎてしまったせいでどうしていいかわからない気がして、今のところ現場に行くっていうのはあまり選択肢にないんだけど、映像見てるとあの空間に入ってみたいなとも思ってしまうこの…この…複雑なオタク心…今はこう言ってるけどいつか入って感想とか上げてたら笑ってあげてください。おしまい!

*1:NCT 127。EXOの後輩にあたるボーイズグループ。127をイリチルと読む。

*2:Red Velvet。EXOの後輩で、こっちはガールズグループ。

*3:超特急はセンターが固定されておらず曲毎にダンサー5人の中から1~2人が選ばれる

*4:「読んで字の如く」ってこういうことなんだと思った

*5:元気担当って自分のポジションに悩んでいた時に、ウィキペディアに書いてあった言葉にそれが過去に自分がライブでした発言と気付かずに励まされてたやつとか割とツボ